日本製品のアリ退治

私は以前、アフリカ北部のチュニジアに海外赴任していた時代がありました。

チュニジアでの海外赴任は5年に及び、長男はチュニジアで妻が産み、チュニジアの保育園に長男は一時期通っていた程、長く私達家族はチュニジアで暮らしていたのです。

当時私達家族を悩ませていたのはチュニジアの治安(チュニジアはアフリカ屈指の治安の良い国でした)でも無く、チュニジアの食べ物でもなく、チュニジアの「軍隊アリ」でした。

アフリカの多くの国に生息している軍隊アリはとても大きなアリで、私達家族がチュニジアに来てから何度と無く軍隊アリに咬まれて痛い思いを味わっていたのでした。

チュニジアの軍隊アリは大きさはおよそ3cmはあろうかという大きさの巨大なアリで、赤い身体に大きな頭と顎を持った恐ろしいアリです。

私は最初にチュニジアの軍隊アリに就寝中のベッドの上で咬まれた時には「サソリに刺された」と思ったくらいの激痛が走りました。

しかもその軍隊アリに咬まれた痛みは一日中咬まれた箇所がヒリヒリと刺す様に痛むのです。

その軍隊アリの巣は我が家の庭にあったのですが、あまりの巣の大きさと数の多さにどうする事も出来ない状態だったのです。

しかし私達はもしもこんな時の為にと日本から持って来ていた「アリの餌にアリを殺す成分を混ぜたアリ退治製品」を庭に置いたところ、たちまち軍隊アリは我が家に姿を見せなくなったのでした。

その日本のアリ退治製品の威力の凄さには私達のチュニジアの家で雇っていた現地人の家政婦の人も目を丸くして驚いていました。

Leave a Reply