この時期は家庭菜園。おばあちゃんの知恵

 tanemaki

我が家では毎年春になると畑を起こして家庭菜園をします。


土地が狭いため少しだけしか植えられませんが、それでも丁寧に育てて収穫しています。


そして収穫できた畑物は、毎年祖母におすそ分けしています。


そもそも家庭菜園を始めたころは何からやったらよいのか分からずに、全部が手探り状態でした。


そこで相談に乗ってくれたのが畑に関しては詳しい祖母でした。



例えば、

  • 「この時期までには種をまく」
  • 種の植え方は人差指の第一関節程度に」
  • 「トマトは余計な脇芽が出てきたらとってしまって全体的に大きくする

 

等です。



そうしてたまに家まで来てくれて、チェックをしては雑草を抜くなどの手伝いをしてくれます。


そして収穫時期になると祖母におすそ分けして感謝の意を伝えます。


こうやって形として残っていくと、長く生きている経験をそのまま伝えてくれることが本当にありがたいです。


私はたまにアドバイスを聞いていながら聞いていないときもあります。


そうやって一昨年畑に種をまいたのですが、その年は見事に種まきに大失敗しました。
肥料に種が焼けてしまったのです。


この時にちゃんとアドバイスを聞いていれば…と大変に後悔しました。

今年も祖母のアドバイスを胸に、畑を頑張ります。